開業を目指している方へ!

開業を目指していても、どこから手を付けたらよいか分からない人には、「企業セミナー」があります。
開業のノウハウを教えてくれるこのセミナーは、地方自治体や民間団体が主催するものから、企業がベンチャービジネスの育成のために行なうものなど多岐にわたりますし、非営利団体のものもたくさんあります。
入門者コースとしては、講演会形式で、起業家の心構えや会社設立の費用・登録の仕方など基礎的な内容となっています。これは1日限りで、参加費用は3万円程度です。自治体が主催するセミナーの中には、無料のものもありますので利用してみてください。
セミナーを受講するときに気をつける点は、セミナーの内容が自分に合っているか確認しておくことです。背伸びをして高額のセミナーに参加しても、受講内容が全く理解できず、お金だけ払って何も得られなかったというのでは、お話になりません。参加することに意義があるわけではありませんので、目的意識を持って参加するようにしましょう。
またセミナーで、1から10まで教えてもらおうと、予備知識のないまま受講する人は、ある意味ではマナー違反です。セミナーの受講を申し込む前に、自分の学びたいものや、知りたい分野を明確にしておくようにしましょう。

LINK集


開業のための求人の有効的なアプローチ。

どのような会社であれ、人材がいないということは考えられません。開業者本人だけで最初は良くてもいずれは人手不足で商売を拡張することが出来なくなります。
このようなときに人材を募集、求人を出さないといけないわけですが、何に重点を置いての募集なのかによって話が変わってきます。つまり、自分のやりたいことなどに共感して参加してもらえることを優先するのか、あるいはとりあえずルーチンでもいいから与えられた仕事をしっかりとやってくれる人材を募集したいのかなどです。
最低限どういった人材が欲しいのかという点と、こういった分野で特に人手が欲しいといった希望を適切にしかも強く押し出した求人情報を出す必要があります。それによって、その情報を見た人が応募してくるかどうかといった話になりますから、アピールしたいところ、欲しい人材像を見せることが求人についての重要なアピールポイントになるでしょう。
なお、即戦力を求めたいということもありますが、人材を育てたりあるいは会社や自分と一緒に育ってくれるような人を選出することも重要です。即戦力の人材は他社から見ても魅力的に映るため、引き抜き等によりあっさりと退社するおそれがあるためです。